MENU

神待ち掲示板で見つけた家出中のサトミにメールをした後、俺は部屋の掃除をしながら返信を待つことにした。「困っているならうちに泊めてあげる」とメールをしたので、もしかしたら今すぐにでもサトミが俺の部屋に来るかもしれない。俺の目的はセックスをすることだけなのだから部屋が汚かろうが掃除が出来ていなかろうが本来なら関係ない事なのだが、やはり相手は女子大生。清潔なほうが心も体も許しやすくなるのではないかと思い、普段はしない掃除を徹底的に始めた。

 

返信を待つこと1時間、サトミからのメールは一向に届かない。部屋もすっかり綺麗になったというのに肝心なメールが返ってこなければ何の意味もない。だが待てど暮らせどサトミから返信が来ることはなかった。恐らく俺の事があまりタイプではなかったのだろう。タダで泊まるところを探しているとはいっても、誰でも良いという訳ではなかったのかもしれない。出来れば自分のタイプのイケメンの家に泊まりたいと思うのは当然のことだ。もしかしたらもう泊まる場所が見つかったのかもしれないし、両親と和解して自宅に帰れたのかもしれない。セックスが出来ると楽しみにしていたけれどこればかりは仕方ない。俺は潔くサトミとのセックスを諦めることにした。

 

しかしサトミから返信がなかったことよりも大きな問題が発生していた。メールフォームからメールを送信した直後から俺のスマホは鳴りっ放し。もちろん神待ちをしている女からのメールではない。無料サイトを使用した直後からスパムメールがじゃんじゃん届くようになってしまったのだ。その数はたった1時間で30通を超えていて正しく大量発生。これは一体どういう事なのか。この時の俺には何が起こっているのか全く持って理解できなかった。