MENU

同僚の池内のお陰で難を乗り切ることが出来たので、俺は池内を居酒屋に連れて行き食事をおごることにした。池内がいなかったら本当にどうなっていたことか、考えるだけで身震いがする。俺は終始感謝の意を述べ続けていた。しかしひとつだけ気になることがあった。なぜ池内はこの一件に関してこんなにも詳しかったのだろうか。色々とアドバイスをくれたのは非常に有り難い事なのだが、まるで経験者のような口ぶりだったのはなぜなのだろう。気になった俺は池内にその事を質問した。

 

すると池内は「あれ、お前には言ってなかったっけ?俺は学生時代から一人暮らしをしてるだろう?だからさ、2年前くらいから神待ちをしている女を連れ込んでセックスしまくってるんだよね。だからその件に関しては少しだけ人よりも詳しいんだよ」と淡々と答えた。これには腰が抜けるほど驚いた。確か池内には学生時代から付き合っている彼女がいたはず。それなのに別の女を自宅に連れ込んでいたなんて。しかもナンパや合コンではなく神待ちをしている女だというから驚かないわけがない。どうやら俺が知らなかっただけで池内は神待ちに関して俺なんかよりも一枚も二枚も上手だったようだ。

 

その後酔いが回った池内は更に詳しく色々な事を教えてくれた。中でも印象的だったのは過去の失敗談。元々池内は神待ちをしている女を探そうとしていたわけではなく、ただ単に浮気相手を探すためにサイトを使い始めたらしい。それで初めて会った家出娘がたまたま神待ちをしていて、こういう女は簡単にセックスさせてくれるんだという事を知り、それ以来泊まるところを求めている女を探してはセックスに明け暮れているという。しかし当初は俺と同じように無料サイトの出会えない系と呼ばれる悪徳サイトでサクラに騙されたこともあったり、スパムにも散々悩まされたらしい。その経験があり俺に的確なアドバイスをしてくれたようだ。いずれにしても無料サイトは危険な事ばかり。もう二度と使うものか!